執行猶予をつけて欲しい

執行猶予とは、判決で刑を言い渡された被告人に、その刑を執行するまでに、猶予期間を与え、その期間中に他に罪を犯さなければ、言い渡された刑を消滅させ、刑務所に行かなくてもよくなる制度のことです。

起訴され、事件が裁判(公判)になると、懲役刑や禁固刑などを検察官から求刑されますが、執行猶予が獲得できた場合は、刑務所に入らずにすみます

執行猶予付きの判決が下された場合は、その場で釈放となり、自宅に帰ることができます。

前科はつきますが、通常の生活を送ることができます。

被害者がいる事件の場合、執行猶予付きの判決を得るためには、弁護士を通じて、被害者との示談交渉を成立させ、被害者に嘆願書を書いてもらったり、その他情状について被告人に有利になる証拠を集め、裁判官に対して主張する必要があります。

被害者がいない場合は、被告人の事情や、被告人が社会の中で更生できるということを強く主張し、その証拠を集め、裁判官に対して主張していき、執行猶予を獲得します。

執行猶予をつけて欲しいという場合、早期に弁護士に相談することが重要です。

できるだけ早期に事件に着手することで、裁判(公判)までに準備ができます。まずは弁護士にご相談ください。

このようなお悩みはございませんか?

TOP