弁護士費用

当事務所の弁護士費用は全て税込表記となっております。

初回のご相談は無料です

刑事事件の法律相談

無料

30分〜1時間程度を目安としておりますが、ご状況に応じて最後までお話を伺います
(お住まいの地域やご状況に応じましてWeb面談(スマホ面談)も承ります)

初回相談でできることの例

家族や友人が逮捕・勾留されている

旦那が暴行で逮捕されてしまった、息子が痴漢で捕まってしまった等のケースでも相談料は無料0円です。

【無料相談で解消できるお悩み】
・逮捕や勾留が今後どのように進んでいくか
・釈放されるか、釈放される場合タイミングはいつ頃になりそうか
・この事件は弁護士に依頼するべきかどうか

 

警察から取り調べを受けてしまった

近所の警察署で取り調べを受け、その後は釈放されたというようなケースの相談料も無料0円です。

【無料相談で解消できるお悩み】
・この刑事事件が今後どのように進んでいくのか
・類似のケースがどのように終結したか
・この事件は弁護士に依頼するべきかどうか

 

警察署から呼び出されてしまった

ある警察署から呼び出しを受けたので出頭する予定というケースでも相談料は無料0円です。

【無料相談で解消できるお悩み】
・この刑事事件が今後どのように進んでいくのか
・類似のケースがどのように終結したか
・この事件は弁護士に依頼するべきかどうか

 

刑事事件の弁護士費用

着手金

起訴される前にご依頼いただいた場合 33万円

起訴された後にご依頼いただいた場合 44万円

 

※起訴前から当事務所が担当していて、その後起訴された場合は差額の11万円を追加の着手金といたします。
※裁判員裁判対象事件を除く
※上記着手金の範囲内で、規程回数までの接見に関する費用等を含むものとする。
※複雑な事件に関しては別途増額する可能性があります。
※事案の内容により、着手金・報酬金が異なる場合もございます。

報酬金

不起訴処分となった 33万円
略式手続きにより罰金処分となった 33万円
裁判を行うケース 無罪判決を得た 66万円
罰金刑を減刑できた 33万円
懲役刑を罰金刑へ減刑できた 44万円
懲役刑に対し執行猶予を獲得した 44万円
求刑より軽い実刑判決を得た 33万円
勾留に対し、準抗告や保釈請求が認められたり、その他身柄解放に成功した 22万円

※事案の内容により、着手金・報酬金が異なる場合もございます。

ケース別 成功報酬の例

暴行事件

夫が知人に暴行してしまい傷害事件で逮捕されてしまったので西村綜合法律事務所に弁護を依頼した。夫は会社勤めのため、懲役刑はなんとしても回避して罰金刑までに留めたい。
当事務所の弁護士が弁護活動を行い、勾留を阻止することができ釈放された。早期釈放されたため仕事にも支障はなかった。加えて、被害者側との交渉に尽力し示談を締結、不起訴処分となった。

このような事例では、起訴される前にご依頼いただき、不起訴処分を獲得できたので、着手金・報酬金を合わせて66万円(税込)となります。

 

【弁護士費用66万円により得られたもの】
・夫の起こした事件が会社に伝わることなく、仕事を続けることができた
・不起訴処分となったので前科がつかなかった
・示談が成立し、被害者に謝罪する謝ることができた

 

飲酒運転の再犯により懲役を求刑された

飲酒運転の再犯により逮捕・勾留された結果および起訴され、裁判になって懲役刑を求刑されてしまったため西村綜合法律事務所に弁護を依頼した。当事務所の弁護士は、被告人に真摯な反省文を提出させるほか、有効な再犯再販防止策を講じるとともに、裁判において被告人側に立ち最善の主張を行った。結果、懲役刑を求刑されていたが、執行猶予を獲得することができた。

このような事例では、起訴された後にご依頼いただき、懲役刑に対して執行猶予を獲得することができたので、着手金・報酬金を合わせて88万円(税込)となります。

 

【弁護士費用88万円により得られたもの】
・刑務所に入らずに済んだ
・被告人に深い反省を促すことができた

 

強制わいせつ事件

知人に強制わいせつ行為をし働いてしまい、400万円の慰謝料を請求された。支払いに同意した状態で西村綜合法律事務所に弁護を依頼した。当事務所の弁護士が交渉に入り、被害者側の気持ちに配慮しつつ現実的なラインでの着地を図った。結果として120万円の支払いで示談が成立(支払い金額を280万円減額することに成功)し、不起訴となった。

このような事例では、起訴される前にご依頼いただき、不起訴処分を獲得できたので、着手金・報酬金を合わせて66万円(税込)となります。

 

【弁護士費用66万円により得られたもの】
・示談金の支払額を280万円減額することができた
・不起訴処分となったので前科がつかなかった
・強制わいせつは逮捕されることが多いが、 示談成立により逮捕されなかった

 

接見について

5回までは無料で対応させていただきます。
6回目以降は、1回33,000円の接見費用が発生します。

弁護士の面会と家族の面会の違いって?

逮捕から最大72時間は、家族ですら逮捕された方と面会・接見することができません。

また、逮捕後も、検察が接見禁止を付した場合、勾留中も家族であっても接見することができません。

勾留中は接見禁止がついていなければご家族でも接見することはできますが、通常は、平日の受付時間内に限り1日1回最大3人までで、時間もだいたい20分から30分程度という制約があり、さらに警察官の立ち合いも付きます。

ですから、その日すでにほかの方が面会した場合はその日の面会はできません。

しかし、弁護士に依頼することにより、逮捕中も、また接見禁止がついていたとしても弁護士は何の制約も警察官の立ち合いもなく1日に何回も接見できますので、その間に適切な刑事弁護活動をすることができ、また、迅速な対応により、職場や学校に逮捕された事実の露呈を防ぐこともできる場合もあります。

このようなお悩みはございませんか?

弁護士法人 西村綜合法律事務所の特化サイト

岡山駅から徒歩で約8分、車で約5分 / 柳川駅から徒歩2分

TOP