解決事例

当事務所の解決実績

第1 性犯罪

強姦被疑事件

示談により不起訴

コメント

一般的に強姦事件は,物的証拠もない場合が多く,かつ密室で行われることが多いため目撃者もおらず,被害者の証言を捜査機関は重要視します。それゆえ,強姦事件においては,速やかに被害者と示談することが不起訴を獲得するためには重要です。

強制わいせつ被疑事件

示談はできなかったものの検察官との協議により不起訴

コメント

強制わいせつ事件においては,被害者の供述のみによって立件されることがほとんどです。もっとも,被害者の供述が不明朗な場合や,被疑者を懲らしめる等不当な動機によって被害者が供述する場合もあります。そのような場合においては,検察官と協議をし,被害者の供述を再度確認してもらい問題がないかを検討してもらうように働きかけをすることが重要です。その働きかけにより不起訴となることもあります。

強制わいせつ被疑事件

示談により不起訴

盗撮事件

示談により不起訴

最近は,スマホによる盗撮事件が増加しています。盗撮事件においても,事案によっては逮捕されることがあります。そのような場合においては,被害者と迅速に示談をし,早期の釈放を目指すことが重要です。特に,会社勤めをされている方や,学生の方が逮捕された場合

第2 暴行・傷害

傷害被疑事件

示談により不起訴

コメント

傷害により逮捕された場合は,捜査機関は通常の傷害事件よりも罪が重いと判断しています。それゆえ,一刻も早く被害者と示談をすることが,不起訴を獲得する上では不可欠となります。仮に相手方が裁判所で認定されるよりも著しく高額な示談金を要求し,示談ができなかったとしても,ある程度の金額を法務局に供託すれば示談と同等の評価をするという検察官もいますので,示談ができなかったとしてもあきらめることはありません。

傷害被疑事件

示談により不起訴

暴行被疑事件

示談により不起訴

第3 恐喝・脅迫・強要

脅迫被疑事件

示談により不起訴

コメント

脅迫の程度,回数によっては例え夫婦間においても逮捕されることがあります。その際,スマホのライン等が証拠になることが最近は多いといえます。

恐喝被告事件

執行猶予判決

強要被疑事件

示談により不起訴

第4 窃盗・横領・詐欺

窃盗被告事件

執行猶予判決

コメント

窃盗事件においては,被害者と示談をすることが重要です。もっとも,前科を重ねている場合は,示談をしても起訴されることがあります。そのような場合においても,弁護士を通じて示談をすることで,執行猶予判決となることがあります。

窃盗被告事件

執行猶予判決

コメント

窃盗事件については、被害金額が数百円という単位から数百万という単位の事件まで幅広くあるのが現状です。当然被害金額が多い方が罪状は重く初犯においても示談ができなければ実刑の可能性が高い事案もあります。そのような事案においては、本人に支払い能力がない場合においても、親族や友人の助力を得て示談をすることが重要です。

窃盗被告事件

執行猶予判決

窃盗被告事件

執行猶予判決(判決までに示談成立)

建造物侵入,窃盗被告事件

執行猶予判決

業務上横領事件

執行猶予判決(判決までに示談成立)

コメント

業務上横領事件は、仕事や業務をしている中で犯してしまう犯罪であり、窃盗や単純横領より罪は重く科せられます。もっとも、数百万円単位の横領においても示談が成立すれば、実刑を免れることが多いといえますので、まずは示談を早期にとる必要があります。

業務上横領被疑事件

示談により不起訴

詐欺被告事件

執行猶予判決(判決までに示談成立)

偽造有印公文書行使,詐欺未遂被告事件

執行猶予判決

偽造有印公文書行使、詐欺未遂被告事件

執行猶予判決

第5 自動車運転過失致死,道路交通法違反

自動車運転過失致死事件

執行猶予判決(判決までに示談成立)

コメント

自動車による死亡事故は、本人に過失があるとはいえ誰にでも起こす可能性がある事件です。現在は、自動車の任意に保険に入っている方が多数ですので、まずは保険会社と遺族との間において示談が成立するかどうかが重要となります。もっとも、保険会社の事情もあり、判決までに示談が間に合わない場合もあります。そのような場合においても、任意保険に入っていることから示談が成立することを見越して判決が出ることもあります。しかし、早期に示談が成立するか否かが重要であると思います。刑事事件の弁護人としては早期に示談をするように保険会社やその代理人に働きかけていくことになります。その際、宥恕文言という遺族から被告人や被疑者の罪を許すという言葉を示談書にいれるか否かがポイントとなります。

過失運転致死被告事件

執行猶予判決

自動車運転過失致死事件

執行猶予判決

自動車運転過失傷害等被告事件

執行猶予判決(判決までに示談成立)

道路交通法違反被告事件(スピード違反)

罰金刑

道路交通法違反被告事件(飲酒運転)

罰金刑

道路交通法違反被告事件(無免許運転)

執行猶予判決

第6 薬物犯罪等

大麻取締法違反被告事件

執行猶予判決

出入国管理及び難民認定法違反被告事件

執行猶予判決

恐喝未遂で逮捕勾留をされたが、脅迫罪に落として罰金刑となった事案

知人男性に対して、金銭の支払いを迫った(金銭の支払いは受けることができなかった)として、恐喝未遂罪で逮捕勾留された事案

コメント

喝罪には、罰金刑がありません。未遂であってもそれは同様です。このため、恐喝未遂罪で逮捕をされた場合、不起訴にする以外に起訴・公判を回避する方法はありません。ただ、金銭を脅し取る目的がなかった場合はただの脅迫罪になり、罰金刑となる可能性が出てきます。

お客様の声(口コミ)の最新記事

このようなお悩みはございませんか?

TOP