窃盗被告事件

結果

執行猶予判決

コメント

窃盗事件については、被害金額が数百円という単位から数百万という単位の事件まで幅広くあるのが現状です。当然被害金額が多い方が罪状は重く初犯においても示談ができなければ実刑の可能性が高い事案もあります。そのような事案においては、本人に支払い能力がない場合においても、親族や友人の助力を得て示談をすることが重要です。

窃盗・横領・詐欺の最新記事

このようなお悩みはございませんか?

TOP