性犯罪

強制わいせつ事件で請求金額から280万円減額し示談が成立した事例

依頼者:20代 男性 結果:被害者との示談が成立 あ 1 自身がわいせつな行為をし、被害者から400万円の慰謝料請求をされた 本件で依頼者は、知人である被害者にわいせつな行為をし、400万円の慰謝料を請求されていました。また、当所に来所される前に依頼者はその支払いに同意をしてしまっている状態でした。 あ 2 本件の弁護活動 当所弁護士はまず、被害者に直接 続きを読む >>

強制わいせつ事件で刑事告訴や損害賠償請求訴訟に至ることなく、示談が成立した事例

依頼者:20代 女性 結果:刑事告訴や、損害賠償請求訴訟に至ることなく、示談が成立 1 勤務先で、強制わいせつ事件が発生 本件では、依頼者は、自身がアルバイトをしていた勤務先で強制わいせつの被害にあい、以降、加害者から二度と接触が無いよう手段を講じたいと考えていたものの、具体的にどのように対処したらよいのか分からず、当所に相談に来られました。 2 本件の弁 続きを読む >>

強制わいせつ被疑事件で検察官との協議により不起訴となった事例

結果 示談はできなかったものの検察官との協議により不起訴 コメント 強制わいせつ事件においては,被害者の供述のみによって立件されることがほとんどです。もっとも,被害者の供述が不明朗な場合や,被疑者を懲らしめる等不当な動機によって被害者が供述する場合もあります。そのような場合においては,検察官と協議をし,被害者の供述を再度確認してもらい問題がないかを検討してもらうように働きかけ 続きを読む >>

強姦被疑事件で示談が成立し不起訴となった事例

結果 示談により不起訴 コメント 一般的に強姦事件は,物的証拠もない場合が多く,かつ密室で行われることが多いため目撃者もおらず,被害者の証言を捜査機関は重要視します。それゆえ,強姦事件においては,速やかに被害者と示談することが不起訴を獲得するためには重要です。 続きを読む >>

盗撮事件で示談が成立し不起訴となった事例

結果 示談により不起訴 コメント 最近は,スマホによる盗撮事件が増加しています。盗撮事件においても,事案によっては逮捕されることがあります。そのような場合においては,被害者と迅速に示談をし,早期の釈放を目指すことが重要です。特に,会社勤めをされている方や,学生の方が逮捕された場合なることもあります。重要です。 続きを読む >>

TOP