解決事例

強制わいせつ事件

依頼者:20代 男性 結果:被害者との示談が成立 あ 1 自身がわいせつな行為をし、被害者から400万円の慰謝料請求をされた 本件で依頼者は、知人である被害者にわいせつな行為をし、400万円の慰謝料を請求されていました。また、当所に来所される前に依頼者はその支払いに同意をしてしまっている状態でした。 あ 2 本件の弁護活動 当所弁護士はまず、被害者に直接 続きを読む >>

強制わいせつ事件

依頼者:20代 女性 結果:刑事告訴や、損害賠償請求訴訟に至ることなく、示談が成立 1 勤務先で、強制わいせつ事件が発生 本件では、依頼者は、自身がアルバイトをしていた勤務先で強制わいせつの被害にあい、以降、加害者から二度と接触が無いよう手段を講じたいと考えていたものの、具体的にどのように対処したらよいのか分からず、当所に相談に来られました。 2 本件の弁 続きを読む >>

窃盗罪

解決までの期間:約6週間 最終処分:懲役1年、執行猶予3年 依頼者:40代 女性 1 万引により、窃盗罪で現行犯逮捕・起訴 本件で依頼者(被告人)は店舗内で商品を複数万引きしたことにより窃盗罪で逮捕・起訴され、同種前科が複数あったことから懲役刑を求刑されました。 2 本件の弁護活動 本件依頼者は事実を認めていたため、情状弁護活動を行いました。 続きを読む >>

道路交通法違反(酒気帯び運転)

受任から解決までの期間:約2か月間 依頼者:本人 結果:執行猶予付きの懲役刑 1 飲酒運転で逮捕されてしまった 本件では、依頼者(被告人)は道路交通法違反(酒気帯び運転)により、逮捕・起訴され、懲役を求刑されていました。 2 本件の弁護活動 本件の依頼者は、物損事故を起こした相手方の車の運転手とは、保険会社を通じて示談が成立して 続きを読む >>

道路交通法違反(無免許運転)

受任から解決までの期間:約2か月間 依頼者:本人 結果:執行猶予付きの懲役刑 1 無免許運転で逮捕されてしまった 本件では、依頼者(被告人)は道路交通法違反(無免許運転)により、逮捕・起訴され、懲役を求刑されていました。 2 本件の弁護活動 まず本件の依頼者は、検察により、前科があったことや、犯行に一部悪質性が認められたことから、酌量の余地 続きを読む >>

住居侵入罪

解決までの期間:約10日間 最終処分:不起訴 依頼者:男性 1 住居侵入罪でその場で逮捕、勾留 本件では、依頼者は被害者の敷地内に侵入し、その場で逮捕され、警察署に勾留されることになりました。 2 本件の弁護活動 依頼者は、捜査段階から被害者への謝罪の意向を示しており、弁護士も被害者との示談交渉をすぐに行いましたが、なかなか被害者の納得を得られ 続きを読む >>

傷害被疑事件

受任から解決までの期間:約3週間 依頼者:本人の母 結果:罰金刑 1 家族(息子)が知人男性に対して暴行を加え、傷害罪で逮捕勾留されてしまった 本件では、依頼者は被害者に対し、複数人と共謀して暴行を加え、被害者に数日間の安静加療を要する傷害を負わせ、警察署に勾留されていました。また、共謀者がいたことから、家族をはじめ、勤務先や友人、被害者など、周囲との接見が一切禁止されて 続きを読む >>

横領事件

解決までの期間:約2ヵ月 最終処分:執行猶予判決 依頼者:被告人の息子    1 成年後見人 実の父の成年後見人をしていた本人が,成年後見業務をしていた間に,お金に困り,成年後見人の口座からお金を抜き出していました。 本人はお金を返そうと思っていましたが,生活苦からその横領金額が膨らみかえすことはできませんでした。 裁判所への報告は,改ざんした預金通帳をだして虚偽の報 続きを読む >>

暴行傷害事件

解決までの期間:1か月 最終処分:不起訴 依頼者:本人 彼女に被害届を出され,本人は逮捕された 恋人間夫婦間などでの喧嘩から刑事事件に発展することもあります。 酒に酔った被疑者が当時付き合っていた彼女と喧嘩になり、暴力をふるってしまったところ、彼女が被害届を出し,本人は逮捕され刑事事件になってしまったというのです。 当然付き合っている仲ですから、普通はそこまで至らないの 続きを読む >>

<< 前の記事を見る
TOP